2012年05月02日

西日本新聞読みどころ・・・

週刊「よ・みDoKoRo」(平成24年5月2日号)
連載・特集ほかのお知らせ

1、5月6日からの「もの知りタイムズ」1週間

6日(日)の「記者だより」のテーマは「赤ちゃんポスト」。子どもの命を救うためには必要なのか、しかし子どもが親について知る権利はどうなるのか。熊本総局で取材している記者が、日ごろの取材で沸き上がる思いをつづっています。8日(火)の「まなび」は福岡市・百道浜小のユニークな芝生校庭について。芝生の長所・短所などを紹介しています。9日(水)は、5月21日の朝に見られる「金環食」の特集です。目を痛めない安全な見方などをまとめています。11日(金)の「ニュースDEPON」は尖閣諸島を東京都が購入すると言っている問題について解説します。12日(土)の「おしごと拝見」は、西鉄バスで「ダイヤを組む人」。どんなことに工夫してダイヤを作っているのか。裏方さん≠フ仕事ぶりをぜひご覧下さい。なお、7日(月)は休刊日のため「もの知りタイムズ」は休みになります。

2、瀬戸内寂聴さん回想録「この道」朝刊で好評連載中!

連載では、瀬戸内さんが作家として女性として、歩んできた自らの半生を振り返り、現代の女性たちの生き方を見つめます。

3、5月6日付1面掲載予定の大型企画「提論明日へ」

可馳企業管理諮詢(上海)有限公司社長畑伴子さん登場

日曜日朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論明日へ」。私たちが暮らす九州でも混迷が続き、先行き不透明な状況となっています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展への道筋についてどのように向き合い、考えていけばいいのか。九州に住む読者に向け、提言やヒントをいただきます。6日付の紙面では、可馳企業管理諮詢(上海)有限公司社長の畑伴子さんが登場。九州の歴史や風土の特長を踏まえ「地域の目線」から今後の展望を描きます。「提論明日へ」にご期待ください!

西日本新聞の購読・7日間無料のお試しはこちらから↓お申込みできます。
http://www.futsukaichi.com/shidoku



posted by 中の人 at 17:37| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする