2011年06月16日

西日本新聞読みどころ・・・


yomidokoro.jpg

いつもご覧いただきまして、誠に有難うございます。
さて、西日本新聞エリアセンター二日市は父が二日市の地で新聞販売店を開業して、今年で40周年を迎える事ができました。一重にご愛読者様と地域の支えがあったからこそと心より厚く御礼申し上げます。
小規模ではありますが、感謝の意を評して6月26日(日)に40周年大感謝祭イベントを行います。
詳しくは、今後お入れいたしますチラシをご覧ください。
今後とも末永く西日本新聞エリアセンター二日市を宜しくお願い申し上げます。



週刊「よ・みDoKoRo」(23.6.18号)
※連載・特集ほか

1.6月19日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」は、福岡市東区の九州大学総合研究博物館が舞台です。標本などの収蔵品は約750万点で、大学博物館としては全国最大規模。中でも約400万点に上る昆虫標本に注目し、昆虫好きなこども記者4人が取材しました。4人は「ペット昆虫」として人気のカブトムシやクワガタをはじめ、国内外で採集されたさまざまな昆虫を見学。多種多様な生態と生息環境などを学び、その成果を紹介します。親子で楽しめる人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!

2.6月17日付から連載中 虐待連載第3部「被害児それから」

〜17日朝刊から児童虐待第3部「被害児それから」がスタートしました。連載は6回の予定です。第3
部では、被害を受けた子どもたちや虐待を生き抜き大人になった「元子ども」たちを訪ねます。暴力団組員の父親から暴力を受けて育ち、「自分は生まれてよかったのか」と自己の存在に疑問を抱く少年。盗みで逮捕され、少年院で暮らしたあと、里親に引き取られ、閉ざしていた心を徐々に開いていった少年など。児童虐待は子どもたちにどのような傷を負わせ、どのようなケアを必要としているのか。「被害者」の言葉や体験から考えていきます。是非、この機会にご一読下さい!!

3.6月19日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」〜畑伴子さん登場!

〜毎週日曜日の朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論 明日へ」。東日本大震災は我々にとって、戦後最大の試練となっています。九州においても、地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか−提言やヒントを頂きます。6月19日付紙面では上海市対外服務有限公司日本部部長・畑伴子さんが登場します。他にも気鋭の政治学者・姜尚中さんら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。毎週日曜日の「提論 明日へ」にご期待下さい!!

4.ビジネスマン・就活生必読ページ

*連日掲載中「九州経済」(ビジネス、就職活動に必ず役立ちます!;火曜〜土曜)
*毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)
〜九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!
※是非、この機会に西日本新聞をご購読下さい!!(購読申込フリーダイヤル0120−44−0120)

ネットからは、コチラ→http://www.futsukaichi.com/shidoku
posted by 中の人 at 23:34| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

西日本新聞来週の読みどころ



yomidokoro.jpg



週刊「よ・みDoKoRo」(23.6.11号)
※連載・特集ほか

1.6月14日付から連載予定 九州新幹線連載「競争と協奏と」

〜九州新幹線鹿児島ルート全線開通から3カ月。九州の人たちの暮らしや文化、ビジネスにどんな変化が起きているのか。14日付朝刊から九州新幹線連載第7部がスタートする予定です。JR九州は九州新幹線全通に合わせ、列車の「多目的室」を利用した看護輸送の受入を始めました。一方、福岡ソフトバンクホークスや福岡市にある博多座は新幹線全通を機に熊本や鹿児島県でのファンや集客拡大を図っています。新幹線の通勤定期利用者は開業1カ月で2100人と「ビジネスの足」としても定着しつつあります。今回の連載では、利用者の目を通して新幹線の役割や将来の可能性を探ります。是非、ご期待ください。

2.6月12日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」の今回のテーマは「木の化石が語る」。古代に何らかの原因で樹木が土砂に埋もれ、長い年月を経て化石化した「珪化木(けいかぼく)」にスポットを当てました。福岡県福津市の海岸で5月中旬にあった化石観察イベントを、こども記者2人が取材。干潮時の岩場に現れた珪化木を実際に観察して、地層が物語る火山活動の歴史などを学習、その成果をリポートします。2011年度「こども記者」の募集は、今月15日まで(書類等の郵送は当日消印有効)。応募はお早めにお願いします。親子で楽しめる人気のコーナーです。是非、ご一読下さい!!

3.6月12日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」〜桑野和泉さん登場!

〜毎週日曜日の朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論 明日へ」。東日本大震災は我々にとって、戦後最大の試練となっています。九州においても、地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか−提言やヒントを頂きます。6月12日付紙面では由布院玉の湯代表取締役社長・桑野和泉さんが登場します。他にも気鋭の政治学者・姜尚中さんら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。毎週日曜日の「提論 明日へ」にご期待下さい!!

4.ビジネスマン・就活生必読ページ

*連日掲載中「九州経済」(ビジネス、就職活動に必ず役立ちます!;火曜〜土曜)
*毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)
〜九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

西日本新聞のご購読・ご試読お申込は・・・http://www.futsukaichi.com/shidoku
posted by 中の人 at 14:27| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

試写会のお知らせ-西日本新聞エリアセンター

昨日の西日本新聞(都市圏南エリア)に折り込まれております、「福岡TODAY」に掲載しておりますが、ワーナーマイカルシネマズ様のご協力を得て、試写会第2弾を行います。
西日本新聞を購読されていない方のご応募も大歓迎です!

作品名:コクリコ坂から
日時:7月14日(木)19:00上映開始
劇場:ワーナーマイカルシネマズ大野城
    
    ワーナーマイカルシネマズ筑紫野
    いづれか希望される場所

※各劇場10組20名様に抽選でご招待

応募方法は、添付しておりますデータのQRコードを携帯で読み込んでいただき、必要事項ご入力の上送信ください。
PCの方(携帯仕様ですが)は、
http://www.futsukaichi.com/shisyakai/mail.cgi

※締切:6月13日(月)着まで。
※当選された方は、西日本新聞エリアセンター(販売店)より直接試写状をお届け致します。

たくさんのご応募お待ち申し上げます。

shisyakaivol2.png

posted by 中の人 at 11:29| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

西日本新聞週間読みどころ!

yomidokoro.jpg

週刊「よ・みDoKoRo」(23.5.28号)
※連載・特集ほか

1.5月29日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のテーマは「プロバスケ観戦」。プロバスケットボール「bjリーグ」で活躍する「ライジング福岡」(拠点・福岡市)の公式戦が4月下旬、福岡市であり、こども記者4人が取材しました。ライジングは今季、西地区3位の好成績をマーク。地元出身の日本人選手によるスピード感あふれるプレーや、会場で一際目を引く身長2b25aの外国人選手などを取材し、リーグの魅力をお伝えします。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご一読下さい!!

2.5月29日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」〜姜尚中さん登場!

〜毎週日曜日朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論 明日へ」。私たちが暮らす九州でも混迷が続き、先行きが見通せない状況となっています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆様に向け提言やヒントを頂きます。5月29日付紙面では気鋭の政治学者・姜尚中さんが登場します。九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。毎週日曜日の「提論 明日へ」にご期待下さい!!

3.5月29日付から5回連載予定「大火砕流から20年 普賢岳に生きる」

〜1991年6月3日、死者・行方不明者43人を出した雲仙・普賢岳大火砕流から今年で20年。被災地、島原市、深江町では住宅地が警戒区域に指定され、住民は避難生活を余儀なくされ、生活の糧を失った人も。一方、これをきっかけに災害住民ボランティアが生み出され、多くの被災地で支援の輪が広まりました。被災者らはこの20年をどう生き、災害と向き合い、乗り越えてきたのか。普賢岳災害を検証し、東日本大震災復興へのメッセージを伝えます。5回の連載予定です。
是非、ご期待下さい!!

4.ビジネスマン・就活生必読ページ
*連日掲載中「九州経済」(ビジネス、就職活動に必ず役立ちます!;火曜〜土曜)
*毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)
〜九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!


※当店は日本経済新聞の取扱いもございます。
関連紙、日経MJ新聞が創刊40年を迎えました。ただいま、お試し無料購読のキャンペーンを行っております。西日本新聞と共に宜しくお願い申し上げます。
お試しのお申込みは下記リンク先pdfを印刷していただき、FAXをするかコチラよりお申込みください。

mjotameshi.pdf

posted by 中の人 at 13:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

西日本新聞5月21日からの読みどころをご紹介!


yomidokoro.jpg


週刊「よ・みDoKoRo」
(23.5.21号)


※連載・特集ほか


1.5月22日付掲載予定
「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」


〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」は福岡市博多区のキャナルシティ劇場で開催中の「ウィキッド」福岡公演。名作「オズの魔法使い」の序章とされる劇団四季ミュージカルをこども記者3人が取材しました。こども記者たちは、本番前にリハーサルをのぞき、出演者をインタビューしたほか、俳優陣の手ほどきを受けながら自ら発声練習にも挑戦。舞台裏にあふれる関係者たちの“熱”を体感し、紙面で熱くリ
ポートします。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!


2.5月22日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」〜藻谷浩介さん登場!


〜毎週日曜日朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論明日へ」。
私たちが暮らす九州でも混迷が続き、先行きが見通せない状況となっています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆様に向け提言やヒントを頂きます。
5月22日付紙面ではベストセラー「デフレの正体」の著者で日本政策投資銀行参事役のエコノミスト藻谷浩介さんが再登場します。他にも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。日曜日の「提論 明日へ」にご期待下さい!!


3.毎週木曜日付掲載「比呂美の万事OK」


〜「良いおっぱい悪いおっぱい」で「子育てエッセイ」という分野を開拓し、現在も詩人として活躍中の伊藤比呂美さんが、読者から寄せられた様々な相談に独自の切り口で答えるコーナーです。老若男女を問わず、学校や家庭での問題から恋愛、夫婦間の悩みまで、伊藤比呂美さんが解決に向け、力強くアドバイスします!掲載後、数多くの女性から共感の声が寄せられている人気のコーナーです。是非、今後の「比呂美の万事OK」にご期待下さい!!


4.ビジネスマン・就活生必読ページ


*連日掲載中「九州経済」(ビジネス、就職活動に必ず役立ちます!(火曜〜土曜)

*毎週月曜日付掲載
「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)


〜九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!
 

※個人的には、『比呂美の万事OK』が面白いと思います。
なぜなら、他紙や雑誌の相談コーナーとは全然違い、実体験や想いを飾り気なく正直に書かれている為です。多くの方が楽しみに、そして救われたかと思われます。人気があるのもうなずけます。

西日本新聞のお試し読みが7日間無料です。
ぜひ、この機会にご覧いただけたらと思います。
http://www.futsukaichi.com/shidoku



posted by 中の人 at 13:14| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

5月14日からの西日本新聞の読みどころ

yomidokoro.jpg


週刊「よ・みDoKoRo」(23.5.14号)
※連載・特集ほか

1.5月15日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」は「久留米つつじマーチ」(西日本新聞社など主催)の特集。東日本大震災の「復興支援ウォーク」として福岡県久留米市で4月16〜17日に開かれ、約1万6千人が参加したイベントを、こども記者7人が取材しました。7人は、親子でのウォーキング参加や、会場で号外
作りに挑戦、石橋美術館で開催中の「青木繁展」の見学など、会場周辺の取材に奮闘。2日間に渡る多彩なリポートを紹介します。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!

2.5月15日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」〜山下泰裕さん登場!

〜毎週日曜日朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論 明日へ」。私たちが暮らす九州でも混迷が続き、先行きが見通せない状況となっています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆様に向け提言やヒントを頂きます。5月15日付紙面ではロス五輪柔道金メダリストで東海大学体育学部長・山下泰裕さんが登場します。他にも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。日曜日の「提論 明日へ」にご期待下さい!!

3.毎週木曜日付掲載「比呂美の万事OK」

〜「良いおっぱい悪いおっぱい」で「子育てエッセイ」という分野を開拓し、現在も詩人として活躍中の伊藤比呂美さんが、読者から寄せられた様々な相談に独自の切り口で答えるコーナーです。老若男女を問わず、学校や家庭での問題から恋愛、夫婦間の悩みまで、伊藤比呂美さんが解決に向け、力強くアドバイスします!掲載後、数多くの女性から共感の声が寄せられている人気のコーナーです。是非、今後の「比呂美の万事OK」にご期待下さい!!

4.ビジネスマン・就活生必読ページ

*連日掲載中「九州経済」(ビジネス、就職活動に必ず役立ちます!;火曜〜土曜)
*毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)
〜九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

西日本新聞お試し読み(7日間無料)キャンペーン実施中!
お申込は、http://www.futsukaichi.com/shidoku
posted by 中の人 at 19:23| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

西日本新聞読みどころ(ゴールデンウィーク号)

5月3日より博多どんたくが始まりました!西日本新聞グループも毎年参加しております。

私もその一員として参加し、元気を発信出来るよう頑張ります!


さて、西日本新聞の読みどころです。


yomidokoro.jpg
 



週刊「よ・みDoKoRo」(ゴールデンウィーク号)

※連載・特集ほか 


1.5月4日付から隔週水曜日付掲載予定「孫文紀行」


今年は近代中国の出発点となった1911年の「辛亥革命」から100年にあたり ます。立役者である孫文は多くの九州人の支援を受け、孫文自身も繰り返し九州を 訪れています。日中間で人と経済の交流が活発化する中、ゆかりの地を訪ねて「絆」 の系譜をたどります。第1回は、孫文を支援した盟友・宮崎滔天(みやざき・とう てん)との「絆」について触れています。是非、ご期待下さい!!


2.5月8日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」


「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」の今回のテーマは「節電の達人」。太陽光や風力発電で 月々の電気代が「ゼロ」という福岡県宗像市の民家を、こども記者3人が訪れました。東日本大震 災のニュースでよく耳にするのは「計画停電」という言葉。被災地に限らず、全国的に「節電」が 呼び掛けられる中、暮らし方をどう変えればいいのか。気軽にエコな生活を楽しんでいる家主夫妻 をこども記者が取材し、ノウハウをリポートします。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでい ただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!


3.5月8日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」古川貞二郎さん登場!


毎週日曜日朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論 明日へ」。私たち が暮らす九州でも混迷が続き、先行きが見通せない状況となっています。地域の再生と自立、アジ アを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか-九州に住む読者の 皆様に向け提言やヒントを頂きます。5月8日付紙面では元内閣官房副長官・古川貞二郎さんが登 場。他にも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ「地域の目線」から今後の展望を描きます。日曜日の「提論 明日へ」にご期待下さい!!


4.毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)


毎週・月曜日付朝刊に掲載中の「ニュースファイル」。直近1週間の主だった出来事をジャンル別 にまとめたダイジェスト版です。九州はもちろん、日本国内、更には世界中で何が起きたのか、こ れを見れば一目でわかります。九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにと っては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、 ご期待下さい!!


※是非、この機会に西日本新聞をご購読下さい!!(購読申込フリーダイヤル0120-44-0120)



posted by 中の人 at 00:43| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

試写会のお知らせ-西日本新聞エリアセンター

昨日の西日本新聞(都市圏南エリア)に折り込まれております、「福岡TODAY」に掲載しておりますが、ワーナーマイカルシネマズ様のご協力を得て、試写会を行います。

内容としては、@奇跡 5月26日(木)18:30開演予定
A星守る犬 6月7日(火)18:30開演予定

開場:ワーナーマイカルシネマズ大野城か筑紫野のいづれか希望される場所

応募方法は、添付しておりますデータのQRコードを携帯で読み込んでいただき、必要事項ご入力の上送信ください。
PCの方(携帯仕様ですが)は、
http://www.futsukaichi.com/shisyakai/mail.cgi

※締切:5月13日(金)着まで。
※当選された方は、西日本新聞エリアセンター(販売店)より直接試写状をお届け致します。

今後も継続する予定ですので、皆様宜しくお願い致します。

shisyakaivol1.png


posted by 中の人 at 12:04| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

西日本新聞読みどころと福岡TODAYの情報

5月1日発行『福岡TODAY』に、新たな企画が登場致します!読者様にとっては、きっと嬉しい情報かと思います。
詳細は、5月1日以降にこのブログでもお知らせしたいと考えておりますので、宜しくお願い申し上げます。

関係ないですが、TwitterやFacebookでもリンクした情報をお伝えしておりますが、それぞれの限定企画も時々やっております。
よろしければ、そちらものぞいてみてください。ご要望などなんでも結構です。自由に書き込みください。


さて、4月30日からの西日本新聞の読みどころをご紹介いたします。

yomidokoro.jpg


週刊「よ・みDoKoRo」(23.4.30号)
※連載・特集ほか

1.4月28日付より連載開始・「崩れた安全神話 福島第1原発事故」

〜東日本大震災から約1カ月半。福島第1原発事故は、地元住民だけでなく、日本列島を震撼させました。「世界一の安全基準」を誇っていた日本の原発に対する信頼は崩れ、原発依存のエネルギー政策の転換も政治課題に浮上しています。
28日朝刊1面でスタートした連載「崩れた安全神話 福島第1原発事故」は、これまでに浮かび上がった、初動の遅れ、危機管理、原発行政などさまざまな問題点や課題を整理し今後の検証や議論に資する論点を読者に提示するものです。

2.5月1日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」で注目したのは、九州新幹線をテーマにした映画「軌跡」です。映画に主演した、PRで福岡市を訪れた小中学生のお笑いコンビ「まえだまえだ」をこども記者4人がインタビュー。同年代の2人に、撮影現場の雰囲気や役作りのほか、学校生活のこと、新聞を読む習慣などについて聞きました。
また、今回の紙面では「2011年こども記者」の募集記事も掲載する予定。お楽しみに!
生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!
※独立した子ども新聞ではありませんが、別途料金が必要ない為、経済的にもおすすめです。
西日本新聞を購読されていない方は、ぜひ1週間お試しをご利用ください。

3.5月1日付1面掲載予定 大型企画「提論 明日へ」〜西高辻信宏さん登場!

〜毎週日曜日朝刊1面で郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する大型企画「提論 明日へ」。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋についてどのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆様に向け提言やヒントを頂きます。5月1日付紙面では太宰府天満宮権宮司・西高辻信宏さんが登場。他にも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。今後の「提論」にご期待下さい!!

4.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜27日付紙面では@日本百貨店協会が発表した、東日本大震災の影響で過去2番目の下げ幅となった3月度の全国百貨店売上高やJR博多駅ビル開業に伴う福岡市3百貨店の売上高の報告やA大震災の影響を受けた日産自動車の生産台数が震災前に立てた計画の約9割まで回復する見通しが立ったこと等について掲載しています。それ以外にも、連日、九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!
※是非、この機会に西日本新聞をご購読下さい!!(購読申込フリーダイヤル0120−44−0120)
posted by 中の人 at 13:12| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

西日本新聞明日からの読みどころ

yomidokoro.jpg


週刊「よ・みDoKoRo」(23.4.23号)
※連載・特集ほか

1.1面・社会面・地方面ほか掲載「東日本大震災関連」報道

〜発生から1ヶ月以上が経過し、政府・民主党は復興に向け、消費税率の3年間限定3%引き上げや所得税・法人税の臨時増税を検討しています。一方で、依然として事態収束の見通しがたたない福島第1原発事故では、放射性物質に対する不安と誤解から風評被害、偏見等が起きています。いずれも情報不足、理解不足によるもので、的確で迅速な情報が必要不可欠となります。本紙では「東日本大震災」に関する情報を詳細にわたり報道しています。「東日本大震災」に関する報道は、西日本新聞でご確認下さい!!

2.4月24日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は、「イルカと遊ぶ島」がテーマ。大分県津久見市で今春オープンした体験型観光施設「うみたま体験パーク・つくみイルカ島」が舞台です。西日本新聞こども記者6人が開業前の施設を訪れ、ショーの見物や餌やり体験などを通じて、イルカの魅力を取材しました。「元気のレシピ」では、消しゴムを使って季節の花をスタンプできる「消しゴムはんこ」の作り方を紹介します。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!

3.4月24日付1面掲載予定 新大型企画「提論 明日へ」〜藤本由香里さん登場!

〜西日本新聞の日曜日朝刊1面では郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する新大型企画「提論 明日へ」を掲載しています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋について、どのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆さんに向けて、提言やヒントをいただきます。24日付の紙面では漫画研究家で明治大学准教授の藤本由香里さんが登場します。ほかにも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら郷土ゆかりの10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。今後の「提論」にご期待下さい!!

4.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜21日付紙面では@安川電機・津田純嗣社長が震災による製造業への影響等を報告した「決算発表
会見」やA震災による生産拠点の被災・電力不足がもたらす粗鋼生産量の落ち込み、B日本能率協
会が発表した今年の新入社員を対象とした意識調査等について掲載しています。それ以外にも、連
日、九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのでき
ない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

西日本新聞7日間無料お試し読みのお申込は↓
http://www.futsukaichi.com/shidoku
posted by 中の人 at 15:54| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

PRレディースタッフ募集中!です。

西日本新聞エリアセンターでは、PRスタッフを募集しております!!
西日本新聞のPRを、個別訪問していただくお仕事です。経験は問いません。いわゆる拡張営業とは異なり、比較的簡単なお仕事です。

興味がある方は、お気軽にお電話ください。詳細は、コチラ(チラシ)をご覧ください。

waltukun.png


posted by 中の人 at 20:42| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

「宝塚歌劇」バスツアーのご案内

宝塚歌劇バスツアーのお知らせです。
通常7,000円(S席)のチケット+北九州美術館「院展」の入場券+ステーションホテル小倉のバイキングでの昼食代、バス往復込価格で、9,980円です。大変お得な料金となっております。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

お申込お問合せ・・・西日本新聞旅行
電話:092-771-0473

※詳細は添付しております、チラシをご覧ください。

takarazukatr.gif

posted by 中の人 at 16:20| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

西日本新聞読みどころとお得な情報!

西日本新聞エリアセンター二日市Facebookページ(旧ファンページ)を作っております。フェイスブックに登録されている方で、http://on.fb.me/gT2qth ←アクセスしていただいて、「いいね!」ボタンを押していただくと、ホークス戦(自由席)ペア券が先着で当選するキャンペーンを実施いたします。
※ただし、当店へお越しいただけるお客様のみを対象とさせていただきます。
宜しくお願い致します。

券種は、4月21日楽天戦・5月11日オリックス戦・5月12日オリックス戦です。
さて、16日からの西日本新聞の読みどころのご紹介です。

yomidokoro.jpg

週刊「よ・みDoKoRo」(23.4.16号)
※連載・特集ほか

1.1面・社会面・地方面ほか掲載予定「東日本大震災」報道

〜事故発生から1ヵ月が経過したものの事態収束の見通しがたたない東京電力の福島第1原子力発電所。国際評価尺度(INES)でも旧ソ連のチェルノブイリと同評価となる最悪の「レベル7」となりました。放射性物質による土壌や河川、農作物、海の汚染は、日本にとどまらず国際的な問題に発展しているのが実情です。西日本新聞は連日、福島第1原子力発電所の動向や救助活動の状況を含め、刻々と変化する情報を詳細にわたり報道しています。「東日本大震災」に関する報道は、西日本新聞でご確認下さい!!

2.4月17日付1面掲載予定 新大型企画「提論 明日へ」〜津田純嗣さん登場!

〜西日本新聞の日曜日朝刊1面では郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する新大型企画「提論 明日へ」を掲載しています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋について、どのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆さんに向けて、提言やヒントをいただきます。17日付の紙面では安川電機代表取締役社長・津田純嗣さんが登場します。ほかにも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら郷土ゆかりの10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。今後の「提論」にご期待下さい!!

3.4月17日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は、ハウステンボス(長崎県佐世保市)の一角にある「英語村」が舞台。米国出身者など外国人スタッフと英会話のみで交流するプロジェクトで、小中学生のこども記者7人が取材しました。今春改訂された学習指導要領では、小学5,6年生の「英語活動」が必修化。5年生2人を含むこども記者たちは英語漬け≠ノどこまで耐え、楽しめるのか−。奮闘ぶりを紹介します。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!

4.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜15日付紙面では@経営再建中の家電量販店・ベスト電器連結決算報告やA百貨店・井筒屋の決算
報告並びに新入社員採用状況報告、B東日本大震災で被災した自動車・電機部品メーカーの動向等について詳しく報告しています。それ以外にも、連日九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!
posted by 中の人 at 19:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

4月9日からの西日本新聞の読みどころ・・・


yomidokoro.jpg
こんにちわ。
先日のだざいふ園イベントでは、大変多くのお客様にお越しを頂きました事を感謝申し上げます。また、東日本大震災に関する募金のご協力も頂き、併せて御礼申し上げます。DSC00008.JPG


週刊「よ・みDoKoRo」(23.4.9号)
※連載・特集ほか

1.一面・社会面・地方面ほか掲載予定「統一地方選」報道

〜大震災と原発事故の影響で被災地に配慮した自粛ムードの中、第17回統一地方選の第一ラウンドがスタートしました。九州では、福岡・佐賀・大分3県の知事選や7県の県議選等が行われ、4月10日投開票されます。今回の選挙では、原発を抱える佐賀県・鹿児島県を中心に、事故防止策や増設計画への態度が選挙戦の大きな焦点に浮上し、各地で激しい論戦が展開されています。西日本新聞では「統一地方選」に関する情報を詳細にわたって報道します。是非、ご期待下さい!!

2.4月10日付一面掲載予定 新大型企画「提論 明日へ」〜桑野和泉さん登場!

〜日曜日の朝刊1面では郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する新大型企画「提論 明日へ」を掲載しています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋について、どのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆さんに向けて、提言やヒントをいただきます。10日付の紙面では由布院玉の湯代表取締役社長・桑野和泉さんが登場します。ほかにも気鋭の政治学者・姜尚中氏ら10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。今後の「提論」にご期待下さい!!

3.4月10日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は「料理人への夢」がテーマ。博多阪急(福岡市)で開かれたスイーツ教室と、「博多一風堂」(同)が企画したラーメン教室に参加したこども記者が、イベントの模様を紹介します。最近、子どもたちの「将来の夢」で上位に入るのは、パティシエなどの料理人。プロの技に触れながらお菓子やラーメンを作り、試食した記者たちが、文字通りにおいしいリポートをお届けします。是非、ご期待下さい!!

4.好評連載中 聞き書きシリーズ「夢の途中」佐々木茂美さん

〜元大分県警警察官で「昆虫巡査」と呼ばれた佐々木茂美さん(大分県日田市)。中学2年から始めた昆虫標本づくりは派出所や交番勤務時代を含め2500種2万点にまで及びます。2010年に警察官を定年退職してからは、標本の分類や研究を進めています。テレビ化をされた作家平野肇氏の「昆虫巡査」シリーズのモデルとしても知られています。作家C・W・ニコル氏、フォーク歌手・岡林信康氏、解剖学者・養老孟司氏とも昆虫を通した交流が今も続いています。昆虫採集を通じて得た友人、昆虫たちとの交遊録を語ってもらいます。是非、この機会にご一読下さい!!
shidokubanar1.gif

追伸:月曜日の朝刊は、選挙報道の関係の為一部の地域で配達が遅れる場合もございます。

posted by 中の人 at 16:27| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

西日本新聞の読みどころ(4月2日〜)

yomidokoro.jpg


明日は、いよいよだざいふ遊園地でのイベント開催日です。
良い天気がどうかはともかく、雨は降らないようですので、きっと多くのお客様がお越しいただけるかと思います。わーい(嬉しい顔)宜しくお願い致します。


週刊「よ・みDoKoRo」(23.4.2号)
※連載・特集ほか

1.一面・社会面ほか掲載「東日本大震災」報道

〜11日に発生した東日本大震災の惨状は依然として深刻な状態が続いています。特に東京電力の福島第1原子力発電所では安全管理の課題が浮き彫りとなり、復興にはかなりの時間がかかるものと予測されます。被災地のみならず日本国民に不安を募らせているのが実情です。西日本新聞は連日、福島第1原子力発電所の動向や救助活動の状況を含め、刻々と変化する情報を詳細にわたり報道しています。「東日本大震災」に関する報道は、西日本新聞でご確認下さい!!

2.4月3日付一面掲載予定 新大型企画「提論 明日へ」〜畑伴子さん登場!

〜日曜日の朝刊1面では郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する新大型企画「提論 明日へ」を掲載しています。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋について、どのように向き合い、考えていけばよいのか−九州に住む読者の皆さんに向けて、提言やヒントをいただきます。3日付の紙面では上海市対外服務有限公司日本部部長・畑伴子さんが登場します。ほかにも気鋭の政治学者・姜尚中氏や著書「デフレの正体」がブレーク中のエコノミスト・藻谷浩介氏、前駐中国大使の宮本雄二氏、ロス五輪柔道金メダリスト・山下泰裕氏ら、10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。今後の「提論」にご期待下さい!!

3.4月3日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は「電気自動車 新時代へ」がテーマ。路上の電力供給プレートを通過するだけで電気自動車の充電ができる「非接触充電システム」にスポットを当て、産学官による研究開発が進む北九州地区での実証実験を、小中学生のこども記者が取材しました。電源コードなしで充電可能なシステムが実用化できる日が近く訪れるのか。科学やクルマが大好きな記者3人がリポートします。
生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!
(平成23年度からは小学校の授業で新聞の活用が予定されています)

4.毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)

〜毎週・月曜日付朝刊に掲載中の「ニュースファイル」。直近一週間の主だった出来事をジャンル別にまとめたダイジェスト版です。九州はもちろん、日本国内、更には世界中で何が起きたか、これを見れば一目でわかります。大学入試や就職試験等の受験生必読のコーナーです!!
waltukun2.png
posted by 中の人 at 16:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

西日本新聞今週の読みどころ。。その他

以前より告知させていただいておりますが、4月2日にだざいふ遊園地にてお得なイベントを開催致します。通常2,000円(入場券+10回分の乗り物券付)のチケットが、この日だけは1,000円でご購入いただけます(当日西日本新聞ブースにて販売)詳細は、http://futsukaichi.seesaa.net/article/187717365.html

当日は、この度の被災で多大な被害を受けた東北地方の被災者の皆様へのお見舞いを申し上げると共に、少しでもお役に立てればと救援金の募集も行います。
被災地が一日でも早く復興することを我々は祈っております。
皆様ぜひご協力頂けますよう宜しくお願い申し上げます。救援金の募集は、西日本新聞エリアセンター(販売店)でも受付しております。

kyuenkin.png
さて、今週の西日本新聞のよみどころです。

週刊「よ・みDoKoRo」(23.3.26号)
※連載・特集ほか

1.一面・社会面ほか掲載「東日本大震災」報道

〜11日に発生した東日本大震災の惨状は依然として深刻な状態が続いています。特に東京電力の福島第1原子力発電所では24日、ケーブル敷設作業をしていた作業員3人が被ばく。改めて東京電力の安全管理の課題が浮き彫りになりました。
被災地のみならず、日本国民に不安を募らせているのが実情です。
西日本新聞は連日、福島第1原子力発電所の動向や救助活動の状況を含め、刻々と変化する情報を詳細にわたり報道しています。「東日本大震災」に関する報道は、西日本新聞でご確認下さい!!

2.3月27日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は「みなまた環境絵本」。
熊本県水俣市が「環境」をテーマに企画し、「巨人の星」で知られる漫画家・川崎のぼるさんが作画を担当した「ひょっこりじぞう」(西日本新聞社刊)が題材です。今月4日、水俣市で開かれた出版記念イベントを、こども記者3人が取材。現地では水俣湾埋立地なども見学し、市や川崎さんらの絵本に込めた思い、出版背景などをリポートします。
生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!
(平成23年度からは小学校の授業で新聞の活用が予定されています)

3.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜25日付紙面では@24日に幕を開けた統一地方選で九州3県知事選での経済政策の争点やA東
日本大震災の影響で車両生産を停止していたトヨタ自動車が子会社のトヨタ自動車九州などでハイブリッド車の生産を28日から再開すること、B来月15日に「2011年春季北九州会社合同説明会」が開催されること(就職活動のポイントをアドバイスする「就職応援セミナー」も企画)、C地場企業を含めた企業の4月1日付の主要人事等について掲載しています。それ以外にも、連日九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

4.毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)

〜毎週・月曜日付朝刊に掲載中の「ニュースファイル」。直近一週間の主だった出来事をジャンル別にまとめたダイジェスト版です。九州はもちろん、日本国内、更には世界中で何が起きたか、これを見れば一目でわかります。大学入試や就職試験等の受験生必読のコーナーです!!

※追記:4月2日は、筑紫野ベレッサにて「い〜みる」さん主催のイベントも開催されます。そこでも西日本新聞エリアセンターがブースを出します。お近くの方は、ぜひお越しください。
posted by 中の人 at 16:13| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

西日本新聞の読みどころ(3月19日〜)



yomidokoro.jpg


週刊「よ・みDoKoRo」(23.3.19号)
※連載・特集ほか

1.一面・社会面ほか掲載「東日本大震災」報道

〜11日に東日本を襲った未曾有の巨大地震と大津波は壊滅的な被害をもたらしました。時の経過とともに被災地の惨状は深刻さを増しています。また、東京電力の福島第1原子力発電所での相次ぐ事故は現在では放射能漏れにまでに至り、被災地の人々のみならず、日本国民に不安を募らせているのが実情です。
西日本新聞は連日、福島第1原子力発電所の動向や救助活動の状況を含め、刻々と変化する情報を詳細にわたり報道しています。「東日本大震災」に関する報道は、西日本新聞でご確認下さい!!

2.3月20日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は、「映画館 裏側を探検」がテーマです。福岡市博多区のJR博多シティ9階にオープンした映画館「T・ジョイ博多」を開業前の2月下旬、こども記者3人が訪問。劇場内や、最新設備がそろう映写室をじっくり探検し、11スクリーンを持つ複合映画館(シネコン)の秘密に迫ります。このほか「燃えろ!ヒーローズ」「歴史人物伝」「投稿ひろば」など各コーナーもお楽しみに。
生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!
(平成23年度からは小学校の教科書で新聞の活用が予定されています)

3.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜18日付紙面では@東日本大震災の影響により、円が戦後、最高値を更新し、工場の操業停止や景気の冷え込みに追い討ちをかける事態に発展していることや、A九州新幹線鹿児島ルート沿線主要都市における駅周辺の地価公示、Bトヨタ自動車・パナソニックが2012年春に入社を目指す学生採用に関して選考開始時期を4月1日から6月以降に延期すると発表したこと等について掲載しています。それ以外にも、連日九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

4.毎週月曜日付掲載「ニュースファイル」(就職試験・時事問題対策に最適!)

〜毎週・月曜日付朝刊に掲載中の「ニュースファイル」。直近一週間の主だった出来事をジャンル別にまとめたダイジェスト版です。九州はもちろん、日本国内、更には世界中で何が起きたか、これを見れば一目でわかります。大学入試や就職試験等の受験生必読のコーナーです!!

告知:西日本新聞社は、4月10日午後1時半から福岡市中央区天神の福岡国際ホールで教育界の第一人者、陰山英男さんを招き特別講演会を開きます。徹底した反復練習と生活習慣を基本に、子どもたちの
やる気を引き出す教育方法が注目されている陰山さん。講演会では学力向上をテーマに語ります。入場無料。
 

告知A:西日本新聞朝刊連載中の「ちびまる子ちゃん」が3月19日〜31日まで休載となります。再開は、4月1日朝刊からの予定です。
posted by 中の人 at 18:45| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

西日本新聞3月6日より新大型企画



yomidokoro.jpg
週刊「よ・みDoKoRo」(23.3.6号)
※連載・特集ほか

1.3月6日付から一面掲載予定 新大型企画「提論 明日へ」

〜西日本新聞は、3月から毎週日曜日の朝刊1面に郷土ゆかりの著名人・有識者が執筆する新大型企画「提論 明日へ」を掲載します。地域の再生と自立、アジアを展望した発展の道筋について、どのように向き合い、考えていけばよいのか−
九州に住む読者の皆さんに向けて、提言やヒントをいただきます。気鋭の政治学者・姜尚中(カン・サンジュ)氏や著書「デフレの正体」がブレーク中のエコノミスト・藻谷浩介氏、前駐中国大使の宮本雄二氏、ロス五輪柔道金メダリスト・山下康裕氏ら、10人の提言委員が九州の歴史や風土等の特徴を踏まえ、「地域の目線」から今後の展望を描きます。今後の「提論」にご期待下さい!!

2.3月6日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」は、3日開業した新博多駅ビルと、12日に全線開業する九州新幹線の特集です。メーン記事は、駅ビルの中心施設となる百貨店「博多阪急」をこども記者3人が開業前に取材し、開業準備が進む館内の様子などを報告。また、新幹線試乗会に参加したこども記者が体験リポートを紹介します。生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!
(平成23年度からは小学校の教科書で新聞の活用が予定されています)

3.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜4日付紙面では@3日にオープンしたJR博多シティの構成と主なテナントについてのレポートやA新たに火ぶたが切られた「福岡流通戦争」について掲載しています。それ以外にも、連日、九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

4.好評連載中・五木寛之氏作 朝刊小説「親鸞 激動篇」

〜本紙に連載し、好評を博している五木寛之氏作・朝刊小説「親鸞 激動篇」。読者から「朝、新聞を広げ、親鸞を読むのが楽しみ」との声が数多く寄せられています。流罪生活を経て、関東で教えを広めていく姿や伴侶・恵信との暮らしも織り込みながら、親鸞聖人の激動の日々が綴られています。五木寛之氏渾身の朝刊連載小説「親鸞 激動篇」にご期待下さい!


posted by 中の人 at 14:50| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

「ニュージーランド大規模地震」報道等 西日本新聞明日からの読みどころ・・・

週刊「よ・みDoKoRo」(23.2.26 号)
※連載・特集ほか

1.一面ほか掲載「ニュージーランド大規模地震」報道

〜ニュージーランド南島クライストチャーチ市で起きた大規模地震で、倒壊したビルから47遺体が収容されたことが明らかになりました。この中に富山の専門学校の生徒ら日本人が含まれているかは不明で、身元確認作業が難航しています。25日午後には(日本時間25日午前)には、行方不明者の生存可能性が著しく低下するとされる発生から72時間を迎え、状況は厳しさを増しています。日本からの国際緊急援助隊も現地に到着し、夜を徹しての救助活動に着手しています。
今後の動向を一面、社説、社会面等で詳細に報道してまいります。
是非、この機会にご一読下さい!!

2.3月1日付から「孫文と九州」連載スタート

〜中国辛亥革命から今年で100年。革命の主導者・孫文は、九州との関わりが深く、宮崎滔天(とうてん)、梅屋庄吉、玄洋社の人々と交流がありました。年間企画「孫文と九州」の第一弾連載を3月1日付朝刊から開始予定です。100年を機に、日中の交流を進めようとする人たちを追い、5回にわたり展開します。連載開始に合わせ、1日付で人物相関図や孫文ゆかりの地を記した九州地図を盛り込んだ1ページ特集も掲載予定です。

2.2月27日付掲載予定「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」

〜今回の「わくわくプラザ・こどもふれあい新聞」のメーン記事は、アジアが舞台。タイ北部のガーメーン村で日本人男性が運営する、山岳民族の子どもたちの就学支援施設にスポットを当てました。取材したのは、施設支援の募金活動に協力した西日本新聞こども記者の女子中学生。現地で男性の家族や子どもたちと触れ合いながら施設の日常を見つめ、大家族のような集団生活で着実に培われている「大切な何か」をリポートします。
生活に役立ち、親子で楽しみながら読んでいただける人気のコーナーです。是非、ご期待下さい!!
(平成23年度からは小学校の教科書で新聞の活用が予定されています)

3.連日掲載中「九州経済」(ビジネスマン・就活生必読ページ;火曜〜土曜)

〜25日付紙面では@電力制御装置製造「ヘッズ」(福岡県苅田町)が開発した非接触充電装置を使っ
た1人乗り電動三輪車の公開走行を行った話題やA日本政策投資銀行九州支店の調査による政令市・東京23区での20代男女の人口比率の分析などについて掲載しています。それ以外にも、連日、九州で働くビジネスマン、これから就職活動を始める学生さんにとっては見落とすことのできない情報が満載です。ビジネスマン、就活生の必読ページです!是非、この機会にご一読下さい!!

西日本新聞試読・購読の申込は、http://www.futsukaichi.com/shidoku

hpbaner.png
posted by 中の人 at 20:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だざいふ遊園地春休みイベント決定!

またまたやります!イベント
「春休み!だざいふ遊園地大集合」企画!

毎回、多数のお客様にお越しいただき、定評のあるイベントです。得する事しかないイベントですので、今回もぜひ足をお運びください。

日時:2011年4月3日(日)10:00〜17:00
場所:だざいふ遊園地
主催:西日本新聞エリアセンター都市圏南

内容:特別入園チケットの購入が可能
10回分ののりもの券と入園券がセットになったチケット、通常2,000円が1,000円に!(当日限り有効)
※足りなくなってもご安心ください。当日西日本新聞特別ブースにて、追加購入が可能です!

イベント:それいけ!アンパンマンショー、朝倉戦隊サンレンジャーショー
その他:ポン菓子実演販売、あさくら産とれたて野菜即売会開催予定、200名のお子様にグリコお菓子詰め合わせセットプレゼント(要事前応募)、いろんなチケットが当たる抽選会も実施いたします。
201143tkt.jpg
本来であれば、折込広告かい〜みるの広告面を提示しないと購入できないチケットですが、ブログをご覧の皆様に限り、この画面を入り口右の西日本新聞特別ブースにてご提示いただければ、1,000円にて購入できます。手(チョキ)

お菓子のお申込は、QRコードを読み取ってお申込ください。当選確認は当日、入り口右側の西日本新聞特別ブースにてご確認ください。
QR_Code2.jpg
さらに詳しい詳細データです。目
dazaifu2011.jpg




























posted by 中の人 at 13:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする